薄毛にコラーゲンが効いた!

薄毛にコラーゲンが効いた!

薄毛・抜け毛の治療法は現在さまざまなものがあると思いますが、その中にコラーゲンによる治療というものがあります。コラーゲンによる薄毛・抜け毛の治療についてレポートします。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#pstdm.com

@を#と表示しています

薄毛の原因

スポンサードリンク

薄毛・抜け毛にはさまざまな原因があるのですが、その中に頭皮の柔軟性があります。頭皮の柔軟性がなくなると、髪の毛が抜けやすくなるのです。では、何故頭皮の柔軟性が無くなるのか、その原因となっているのがコラーゲンなのです。この物資については、化粧品などでは良く知られていますが、薄毛との関連は、あまり知られていないのではないでしょうか。

頭皮・毛髪の構造

毛髪というものは、見えている部分と、頭皮の下にあり外からは見えない部分に分かれます。見える部分を毛幹部といい、見えない部分を毛根部といいます。毛根は、鞘のようになっている毛抱という筒につつまれており、毛穴の中にあります。毛根の膨らんだ部分を毛級、先端の部分が毛乳頭になります。この毛乳頭の部分に、髪の毛を作るも毛母細胞やメラニン細胞などが集まっています。毛髪は表皮の内側である真皮という部分から生えているわけですが、この真皮の部分の約7割はコラーゲンなのです。

コラーゲンと薄毛

さて、毛根が成長するのに必要となる栄養分は、真皮のコラーゲンを通って毛乳頭に吸収されるわけですが、このコラーゲンの代謝が低下してしまうと、栄養が毛乳頭に行き難くなるのです。髪の毛に十分な栄養がいかなくなれば、当然、髪の毛は成長できませんから、どんどん細くなってしまい、薄毛となってしまうのです。この状態を回避するために、コラーゲンを服用し、真皮の代謝を良くするのです。毎日2ヶ月間、コラーゲンを飲み続けた結果、髪の毛が一割太くなったという結果がでているのです。ためしてみる価値のある薄毛対策ではないでしょうか。