中古マンションの購入で失敗しない為に

中古マンションの購入で失敗しない為に

中古マンションの魅力はなんといっても価格の安さです。しかし、見た目や価格だけで選んでは、いざ希望の中古マンションに住んでみたときに「失敗した」となってしまう可能性があります。これは東京や大阪、名古屋、横浜千葉、広島、仙台といった大都市に限らずどの物件にも当てはまる事です。中古マンションを購入するときに注意する点やりフォーム等、いろいろな関連情報をお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#pstdm.com

@を#と表示しています

中古マンション選びの注意点

スポンサードリンク

中古マンションを選ぶときに気にする点といえば、まずは価格、そして広さや見た目が綺麗かといった外見、そして会社や駅からの距離や学校の事等があげられます。しかし、中古マンションに限りませんが、住まいを選ぶうえでさらに重要となる点は、やはり住環境です。例えば管理組合の体制や自治会のことなどです。そして、近所の様子や夜の騒音なども大切なポイントです。近所方のことは住まないと分からないのですが、夜の環境はチェクしておいた方が良いでしょう。念のため、深夜に近辺に出向いてみると確実です。また、中古マンションを購入するということになると、ついうれしくなって、少し高額な住宅ローンを組んだりしてしまうことがあります。月々の返済額をしっかり計算し、無理な住宅ローンを組まないように気をつけて下さい。

中古マンションをリフォームする際の注意点

中古マンションを購入した多くの方は、入居前にリフォームを行うようです。リフォームを行う場合は、かならず管理組合に確認をして下さい。バルコニーになんらかのリフォームを行う場合や、壁に穴を開けたりする場合、それらは共有スペースということになりますので、申請が必要となる場合が多いのです。また、水周りの工事を行ったりする場合も申請しなければならないマンションもありますし、フローリングを禁止しているというケースもあります。どのような工事を行うにしても、最初は念のため確認するようにして下さい。

契約時の確認

中古マンションを購入することが決まり、売買契約を締結する場合、宅地建造物取引主任者の資格を持った人から、重要事項の説明があります。これは法律に定められていますので、免許の提示を受けた後説明を聞くようにして下さい。その際に、共有部分のこや修繕積立金のことなどの説明があります。後のトラブルを避ける為に、ここはしっかりと聞き、疑問点はその場で質問して納得のうえで契約するようにして下さい。