ペット保険の選び方

ペットには健康保険は適用されませんから、高額な医療費をなんとかしたいと思えばアニコム損保、アリアンツなど民間の損害保険に代理店を通じて、又は直接加入しなければなりません。うさぎやフェレットも取り扱ってる会社もあるようです。加入するのならばランキング等により比較し、有利なものに入りたいものです。ペット保険に関する情報をお伝えします。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#pstdm.com

@を#と表示しています

ペット保険の選び方

スポンサードリンク

ペット保険とは、ペットが万が一病気やケガになった場合に備えるものです。家で飼っている犬や猫、またフェレットやうさぎなどが病気やケガで動物病院にかかったとき、高額の医療費を払わなくてはいけないことがよくあります。そんなもしものために、加入しておくと非常に安心です。サービスの内容は、「会計時に医療費が割引になるタイプ」と「後日申請すると一定額が還付されるタイプ」の2つに分かれます。ペット保険は、日本よりいち早くイギリスやスウェーデンでは定着しており、国の法律に基づいて認可される許可事業になっていますが、わが国では任意団体等が「共済」制度の仕組みを取り入れて運営している場合が多く、過去にトラブルも少なくありませんでした。しかし制度改革によってペット保険は、正式な損保業として許認可されるか、新たに創設された少額短期保険業の登録申請許可を取得しなければならなくなりました。

ペット保険の会社

従来のペット保険を取り扱っている会社は、アイペットクラブ「うちの子健保」、アニコム(どうぶつ健保)、日本アニマル倶楽部(プリズム)、ペットライフジャパン(旧全国ペット共済会)などの他、多数のペット保険会社があります。それぞれの会社のホームページを参考にしても、ある程度は内容を理解することが出来ますが、代理店で直接説明を受けたり、複数の会社から資料を取り寄せてそれらを比較し、給付の仕組みの違いを把握することが大切です。また比較サイトなどでの人気ランキングや口コミを参考にするのもよいでしょう。人間社会と同じ様に高齢化が進んで寿命が延びており、その分怪我や病気にかかる可能性があることも多くなります。病気の種類によっては治療が中長期にわたるケースも多々あります。今後はますますペット保険の加入者が増え続けるでしょう。しかし、一番大事なことは、保険があるからと安心せずに、日常的に健康面や安全管理などに気を配っていれば、頼ることもないでしょう。