パスポート 取得・更新・変更ナビ

パスポート 取得・更新・変更ナビ

パスポートの取得は海外旅行を考えたときにまず必要となる大切なものです。初めてパスポートを取得しようとする方は、どのように申請手続きをしたらよいのか迷われると思いますが、そんなに難しくありませんので安心してください。ここでは、パスポートの取得申請の手続きや期限切れの際の更新、又は住所等が変わった場合の住所変更手続きや氏名変更手続き、紛失、費用などについて解説したいと思います。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#pstdm.com

@を#と表示しています

取得申請

スポンサードリンク

パスポートには期限が10年のものと5年のものがあり、それぞれ必要となる費用が異なります。10年のものが16000円、5年のものが11000円です。パスポートの取得に必要となる書類は、戸籍謄本又は戸籍抄本、住民票、写真、官製はがき、本人確認資料の原本となり、一般旅券発給申請書を記載のうえ提出します。尚、一般旅券発給申請書は旅行代理店で入手することができます。申請書を提出する場所は、住民票の住所である都道府県庁ですが、窓口をいくつか設置している場合が多いので、県庁に確認してみて下さい。なお、土日祝日は休みですので、平日の9時から16時30分の間に行く必要があります。

パスポートの住所変更 氏名変更

結婚などによって氏名が変わった場合や本籍の都道府県が変わった場合は変更の手続きが必要になります。住所が変わっても本籍が変わらない場合や、同じ都道府県内で転籍した場合などは、パスポートの記載事項が変わらないため、手続きの必要はありません。尚、変更手数料は900円です。ただ、訂正には2週間程度の時間がかかってしまいます。氏名変更後すぐに新婚旅行などに行く場合は、旧制のパスポートを使用して問題はありません。

更新の手続き

パスポートの期限が迫ってきた場合は、更新の手続きをする必要があります。1年未満になればいつでもできるので、時間を作って手続きを行ってください。申請手続きは、住所が変わっていなければ取得したときの都道府県庁へ、変更になっている場合は、住民登録をしている都道府県庁で手続きを行ってください。