オゾンの効果

この気体は酸素原子が3つ集まって出来た気体であり、様々な効果があります。オゾン発生器やオゾン水等が一般家庭でも使えるようになり、この恩恵を受ける事ができるようになりました。脱臭、殺菌は毒素の残留がなく、様々な治療、オゾン療法による血液クレンジング等、様々な分野に利用されています。環境に優しい除菌・脱臭・治療を行うことが可能であるオゾンについて最新の情報をお知らせします。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#pstdm.com

@を#と表示しています

オゾン水

スポンサードリンク

オゾン水とは通常大気中に存在するオゾンという気体を水に溶け込ませたものであり、大変優れた液体です。塩素の約7倍という強力な殺菌力、更に、脱臭・漂白力を持っています。この気体は、それ自体が強い殺菌力を持っているわけなのですが、その効果を発揮させるためには、ある程度の湿度が必要となります。要するに水分がないと、高い殺菌効果が生まれないのです。ですから、水に溶け込ませて利用するということについては、不安定である状態を安定させ、より高い殺菌効果を得るための合理的な方法といえるのです。この液体の良いところは、薬品等と異なり、殺菌という役割を終えた後は、酸素に戻るだけという点です。毒素が残ったりする心配がないのです。ですから、利用する分野はさまざまで、食品の殺菌、廃棄物処理、もちろん、農業や酪農においても殺菌・消毒にしようされています。そして、医療や介護といった分野でも利用されているのです。注意点としては、絶対に飲まない事です。強い殺菌力は体内の必要な菌まで殺してしまうのです。くれぐれも飲用には利用しないようにして下さい。

オゾン発生器

この機器は、現在は業務用だけではなく、家庭用の物も発売されています。この気体は、酸素原子が三つ集まった分子(オースリー)で、いわゆる酸素にもう一つ酸素原子がくっついたものです。大変不安定な分子ですので、すぐに物質と反応してしまい、酸素(オーツー)に戻ってしまいます。この性質を利用して、部屋に発生させて、そこに存在している雑菌と反応して殺菌したり、匂いの素と反応して消臭するといった効果があります。そして、反応した後は酸素に戻るので害が無いという点が素晴らしい部分ですね。空気清浄機として大変適した方法といえるでしょう。