ナルコレプシー 原因と対策

ナルコレプシー 原因と対策

ナルコレプシーとは、居眠り病とも呼ばれている大変やっかいな病気ですが、社会生活を営んでいくうえで、克服しなければなりません。ナルコレプシーに関する原因や対策、検査等、様々な情報をお伝えします。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#pstdm.com

@を#と表示しています

ナルコレプシーの症状と原因

スポンサードリンク

ナルコレプシーは、前の日に十分に睡眠をとっていたとしても、昼に非常に強い睡魔が長い間続いてしまい、症状は一生続くと言われています。しかし、全ての症状が発症するケースは少なく、全体の一割程度で、大抵の場合は2つから3つ程度の症状が現れるにとどまります。ナルコレプシーの症状は大きく4つあります。まず、昼間の強力な眠気である睡眠発作、そして喜怒哀楽の大きな変化によって全身又は一部の力が、数秒〜数分という短い時間ですが、抜けてしまう情動性脱力発作(カタプレキシー)、眠りに入る前に幻覚や幻聴が起こる入眠時幻覚、そして、睡眠中に金縛り状態になってしまう睡眠麻痺です。これらの症状を起こすナルコレプシーの原因は、脳内ホルモンであるオレキシンという、覚醒を促す役割を持っているホルモンの働きが悪くなって引き起こされるといわれていますが、完全には原因が分かっていないというのが現状です。また、ナルコレプシーは遺伝する可能性が高いといわれており、HLA(白血球の血液型)が陽性の場合に遺伝する確立が高くなり、10代〜20代で、強い症状が発症します。

ナルコレプシーの対策

症状の中でも、睡眠発作は、仕事中、授業中だけでなく運転中にも突然、耐えられない強力な眠気が襲ってしまい、しかも、1日に数回、周期的に訪れます。もちろん、人前であっても我慢する事が出来ずに眠り込んでしまう事もあります。このような症状は、周囲から怠け者と思われてしまいますので、何らかの対策を実施しなければなりません。まず、もっとも実行しやすいのは、休憩時間等を利用して短時間でも仮眠をとることです。また、メチルフェニデイトという薬により、中枢を刺激する方法が睡眠発作には有効です。