定額小為替の取り扱い

定額小為替はゆうちょ銀行(郵便局)で取り扱っている有価証券ですが、あまり聞きなれない方も多いのではないでしょうか。手数料(消費税が必要)や受け取った時の処理、会社で受け取った場合の勘定科目や注意点等、定額小為替に関する事をお知らせします。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#pstdm.com

@を#と表示しています

定額小為替の購入と手数料

スポンサードリンク

定額小為替とは郵便局(ゆうちょ銀行)で発行する有価証券で、通常、普通郵便では現金を送れませんが、定額小為替を購入して、それを送り、受け取った人はそれを最寄のゆうちょ銀行(郵便局)へ持参し、現金に換えるという仕組みで、結果として相手に現金を送ることが出来るというものです。まずは、ゆうちょ銀行において購入するわけですが、この時には手数料が必要になります。銀行でいう振込手数料のようなものと考えれば良いと思います。手数料は1枚につき100円です。尚、額面を自分で指定できる普通小為替は額面が3万円までは420円、それを超えると630円(それぞれ消費税込み)となります。

勘定科目

定額小為替を受け取ったら、勘定科目は現金となります。また、定額小為替を購入するときに支払う手数料は、支払手数料で処理します。

定額小為替と郵便

定額小為替は、普通郵便で実質現金をやりとりできる便利なものではありますが、普通郵便の場合、相手が受け取ったのかどうか確認することができません。万一の事を考えてできるだけ書留・簡易書留で送ることをおすすめします。万一届かなければ損害賠償を請求することができます。

有効期限他 注意点

定額小為替は有効期限がありますので注意してください。6ヶ月経過した場合であれば再発行の請求ができますが、5年経過してしまうと効力がなくなってしまいますので、十分注意して下さい。また、郵送についてですが、薄い封筒などを利用すると中身が見えてしまい、盗難の恐れがでてきます。必ず厚手のものを利用するようにして下さい。