借り換えようと思ったら

住宅ローンを借り換えようと思ったら

住宅ローンを借り替えるのならば、まずはシュミレーションですね。金利によってかわりますから、返済額の計算は大変重要です。住宅ローンは各銀行が力をいれており、新生銀行、みずほ銀行、三井住友銀行等々、様々な商品を販売しています。郵便局(ゆうちょ銀行)も気になるところです。金利等ランキングなどで確認し失敗のないようにしたいものです。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#pstdm.com

@を#と表示しています

有利な借り換え

スポンサードリンク

「住宅ローンの借り換え」とは、過去に高い金利で借りた住宅ローン(特に固定金利型のもの)を、低金利やその他の点で有利で、月々の返済が楽になるような商品に乗り換えることをいいます。注意点として、現在住んでいる家が住宅ローン返済中で、引き続きそこに住みつづけることが条件となります。また、「借り換え」は、月々の住宅ローンの支払が滞ってからでは信用が著しく低下する恐れがありますので、必ず支払いが出来なくなる前に申し込む必要があります。そうしないと住宅ローンの借り替えを審査で断わられるケースが多く見られますので、例えば近々転職を考えている人は、今お勤めの会社に在籍している間に、借り換えの申し込みをするとよいでしょう。それでは次に「住宅ローンの借り換え」の利点の説明です。返済総額を数百万円も少なくする長期固定金利に借り換えることで、今後の金利上昇のリスクを回避したり、低金利に借り換えてローンの返済期間を短くして、返済総額を大幅に節約する、また、低金利に借り換えて返済期間はそのままで月々の住宅ローンの返済額を少なくする、などが考えられます。その他には、確定申告による税金の減税も期待できます。

デメリットを考える

ただし、借り換えのデメリットとしては、借り換えには『手数料』や『借入金残高の内入れ』などによって、意外と経費や資金がかかってきますので注意が必要です。しかし、金利差が少ない場合や残高が少ない場合は、借り換えない方が手数料などが発生せず、安い場合もあります。また、現在変動金利の場合や、固定金利選択型の住宅ローン、ゆとり返済・ステップ返済方式の住宅ローンを利用している人などは、現在よりも月々の返済負担を軽くできる可能性が高いので、一度ネットなどで住宅ローンのシュミレーションで試算したり、住宅ローンアドバイザーに計算してもらうと、現在の住宅ローンと比較できるのでおすすめです。また、借り換え住宅ローンを取り扱っている銀行には、新生銀行、みずほ銀行、三井住友銀行等の他、JAやろうきんでも行っており、月々の住宅ローン返済に負担を感じている方は是非借り換えの検討をお勧めします。