川釣りを楽しむ!

川釣りの仕掛けやポイントの探し方、そして初心者が挑戦する場合の注意点等、川釣りをする為に必要な様々な最新の情報をお知らせします。これから川釣りを楽しもうというかた、極めようと思っている方、お役に立てばうれしく思います。

スポンサードリンク

サイト管理者

E-mail : kanri#pstdm.com

@を#と表示しています

川釣りの準備

スポンサードリンク

まず電車で川釣りに行こうとする場合、最寄り駅から釣り場までの道、バスを使う場合は路線を必ず調べて置いてください。現地に行ってからうろうろしては、せっかくの士気が下がってしまいます。尚、持ち物で忘れてはいけないものは、雨具、着替え、予備の靴です。天気予報が晴れであっても、上流にいく場合は天候が崩れてしまう可能性があります。ですから雨具は必需品です。また、川に行くわけですから、濡れてしまう可能性が非常に高いのです。疲れている帰りの電車を濡れた靴と服で移動するのは、非常に辛いものです。必ず準備するようにして下さい。

川釣りで狙う魚

上流域か中流域かで狙う魚が異なります。中流域であれば、コイ、アユ、オイカワ、フナ、なまずと、種類が豊富です。難度は様々ですので、ベテランでも初心者でも楽しめるのが中流域です。対して上流域となると、いわゆる渓流釣りということになり、魚は岩魚(イワナ)やヤマメになります。難度も高く川釣りの王様とも言うべき魚です。中流域でのポイントとなるのは、杭の周りや船着場などの影ができる部分、上流域では、急流域や流れのとろみの辺りになります。

川釣りの仕掛け

まず狙う魚を決めて、仕掛けや道具を合わせるようにして下さい。魚によって異なりますので、釣具屋さんに言ったら自分が釣ると決めた魚を店員に知らせて、専用の仕掛け、道具を購入してください。一度に勝手は大変な金額になります。少しずつレベルを上げて揃えていくようにして下さい。しらずしらずの内に一人前の道具が揃っているものです。